MENU

脱毛できない!? こんな方は注意!|生理中の脱毛 〜栄de脱毛.com〜

 

 

 

    

 

 

 

  美容脱毛サロン、”店舗数売上顧客満足度” が、”No.1”、『ミュゼプラチナム』

 

 

 

 

    生理中は女性にとってデリケートな事柄であり、
    この時期のお手入れは注意が必要です。

 

 

    繊細な女性の身体は、毎月やってくる生理を中心に、
    様々な影響を受けています。

 

 

    生理の時には、ホルモンのバランスが乱れますので、
    生理中の脱毛は、いつもよりも肌に痛みを感じやすくなります。

 

 

    脱毛サロンによっては、生理の時は一切の脱毛を、
    お休みするようなルールのサロンもあります。

 

 

    多くのサロンでは、生理期間に関しては、
    VIOパーツのお手入れはお休みになります。

 

 

    生理中は、とても皮膚が敏感になりますので、
    ただでさえも痛みを感じやすい、デリケートソーンの施術をすると、
    もっと痛みを感じることになります。

 

 

    皮膚が敏感さを増していますので、
    無理にVIOパーツの照射を行うと、皮膚が敏感になっているので、
    皮膚のトラブルを起こすことになります。

 

 

    赤みが出たり、かゆくなったりと、ただでさえも、
    生理で体調もイマイチな時に、デリケートゾーンの、
    肌トラブルでも悩みことになります。

 

 

 

 

 

  

 

   ※ 業界最安値、何度でも通える、”両ワキ + Vライン”:100円、『ミュゼプラチナム』

 

 

 

 

 

 

    エステサロンは、多くの女性が利用をしていますので、
    生理の時に施術をして、万が一ベッドやタオルに血が残ってしまい、
    それが元で、何かの感染病が、他のお客さんに移ってしまったら、
    サロンとしても責任重大です。

 

 

    エステでは施術をするお客さんと、他のすべてのお客さんのことも、
    考えていますので、基本的には、生理中は脱毛の照射は行いません。

 

 

    全身の脱毛をお断りするサロンもありますが、
    とりあえず、VIOパーツだけは施術不可なものの、
    他のパーツはお手入れをするという、方向性のサロンは多いです。

 

 

    他のパーツの施術はできますが、生理中は、
    いつもよりも、肌に照射の刺激を感じやすくなります。

 

 

    日程が調整可能であれば、エステサロンの脱毛の予約を、
    生理ではない日に変えた方が、お肌への負担は少なくなります。

 

 

    生理中はただでさえも、お腹や腰が痛くなって、
    精神的にも不安定になりやすいので、心身ともに、
    安定をする生理後に予、約を変更した方が無難です。

 

 

 

 

 

 

栄の脱毛サロンを確認する!